読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしめぐり-夢と考察の泉-

星のカービィに関する考察と妄想をしていきます。捏造的妄想・雑絵注意

マホロア生い立ちめぐり【カービィ考察1writing】

カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負! ハルカンドラ・伝説のアイテム マホロア本気考察シリーズ 考察
Twitter企画 #カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負 参加記事、9月24日分。

今回のお題は「マホロア」。
実はツイッターのタイムラインにて、時間前にマホロアの出身についてが話題となり、タイトルの通り
マホロアの様々な出身地に関する可能性と疑問
について考えていこうと思ったのです。

それでは、早速やっていきましょう。


ハルカンドラ

あの荒廃したハルカンドラで生まれ、育ち、玉石混淆と呼ぶべきクラウンやローアなどのアイテムに憧れた…順当にいけばこの通り、ハルカンドラやクラウンを欲しがるには充分に理由があります。

しかし疑問点も。それは彼が一度、ポップスターに来た、という点です。
ポップスター、と言っても浮遊大陸フロラルドを訪問しただけでしょうし、ローアがあったにせよ無かったにせよ、廃墟なお化け屋敷に肖像があるのですから大昔ーーカービィが来る前でしょう。

(ローアは盗掘モノではありますが、マホロアの  ランディアはずっと長い眠りについた  という話が本当ならば、ローアで旅に出てもバレなかった、なんて可能性が出てくるのです)

とにかく、マホロアは一度ポップスター・フロラルドに来た。
それはいいのですが、問題は周りの銀河。
そこにはかの有名なハルカンドラの遺産、ギャラクティック・ノヴァが隠されている筈です。
マホロアはノヴァを知っていた。つまりはその強大な能力は既知の筈。少しの労力は要りますが、そのハイリターンは無視できないしょう。
彼はノヴァを使用しなかったのでしょうか。単純にノヴァの隠された場所を知らなかったのか、あるいは…
そんな疑問が、この説にはあります。


浮遊大陸フロラルド

続いて、①にも単語の登場したフロラルド。
トリプルデラックス発売当初、肖像画の存在には大きく揺れました。
そんな彼が、実はここの出身だったら…
そんな説が、少しだけ浮上しました。

彼がフロラルド出身であると仮定すると、例の肖像画は何も不思議なものでは無くなります。
彼の2本の耳やら角らしきものは昆虫の角で確定でき、彼が星のカービィwii本編にて見せた「浮遊」も、昆虫の一族や宝石、果ては大陸そのものに使われる「浮遊」の魔法らしきものと同一の技とみなせます。

疑問点は、先程とは真逆。
彼がどのようにしてハルカンドラへ辿りついたのか、という点。
浮遊持ちですから地道に向かう事も出来るでしょうが、途方もない時間が掛かるでしょう。
ワープホールが既に出来ていて、利用したとしても飛距離は分かりません。
ディメンションミラーが既にあったら利用出来たかもしれませんが、あくまで「かもしれない」です。ミラーに次元を超える能力があるかどうかは検証不足。

f:id:kaO10:20160924224053j:image
↑なお肖像画の前の壺もマホロア(ローア)イメージのようだが、いつ手に入れたのかという疑問が生じます

ブルブルスター

これも少しだけ考えられる説。
ハルカンドラとブルブルスターには、HRシリーズのロボの存在が接点となっています。その接点を繋ぐのが、マホロアではないかという説です。
この説を取れば、HR-D3をハルカンドラに持ち込んだのはマホロアやその種族という事になります。或いはセキュリティサービスでさえ、彼らの制作品という可能性も出てきます。

疑問点はやはり、如何様にしてハルカンドラへ辿りついたのか。
コノ船、ローアは ハルカンドラにふるくカラつたわる船デ・・・  おおムカシのヒトたちがつくりあげた、デンセツの船なンダ。  かれらはモウ いなくなっちゃったケド、フシギなチカラで コノ船のほかにも…   ギンガをとぶ キカイじかけの星や、   ユメをうむ ふしぎなアイテムとか…   いろんなセカイでデンセツにナルようなモノを、たくさんつくったらしいヨ。

この台詞通り、ローアの制作元=伝説のアイテムの制作元=ハルカンドラに伝わる大昔の民  となっている為、ブルブルスターの為の方舟である可能性は薄いと考えました。大昔の民が外来ならば、私の考えは崩れますが…


HWC * の面々と同じコキョウ

*HWC=ハルトマンワークスカンパニー

ブルブルスターに関連し、HWCと本籍を同じくしているのではないか、という説です。
私情を挟めば、この説が好きなのです…

ハルトマンらは「銀河のかなたの文明を紐解き、自社のテクノロジーで蘇らせた」ハルカンドラが作ったとされる ノヴァの思考回路を再現した機械を制作しました。
ハルトマンがそれらに眼を付けたのも、ハルカンドラについての資料があってこそな筈。
ならばマホロアにもそれを目にして憧れた可能性がある…
つまりはハルカンドラのアイテムへの興味が生まれる理由がこの説にはあります。

また、もしも彼が星の夢の起動実験失敗に立ち会った場合に限りますが、
「紛い物ではだめだ」と思いアイテム達の生まれた場所へ飛んだ、などのハルカンドラの本物への執着や、
「ノヴァだからダメだ」と思考しポップスター近辺にノヴァがあることを知っていても手を出さなかった、という大彗星の恐ろしさの認知もありうるかもしれません。

疑問点はフロラルドの肖像画、つまりポップスターに来ることが出来た理由とハルカンドラどうやって辿りついたか。
異空間ロード開放のテクノロジーを、既に所持し、利用した可能性はありますが…


f:id:kaO10:20160924232315j:image

f:id:kaO10:20160924232555j:imagef:id:kaO10:20160924232338j:image
(ちなみにHR-D3とHWC製D3方、排気機関等にかよっている点はあるのだが、関係はいかに。)

かなり時間を要してしまいましたが、それでも結論が出ることはありません。
マホロアの故郷については公式からも曖昧にされている為、今の時点で何も断定が出来ないのです。
それでも考えるだけ考えるのが好きだから、私はこうしてやっているのです。

と、無駄に綺麗に締めて今回の考察を終わりにさせていただきます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。まいど。


→今回参考にしました。
カービィwii wikiマホロアセリフ集です

ロボプラツイートまとめ

ツイッターまとめ 考察
Miiverseにおける「星のカービィ ロボボプラネット大質問会」の回答編、もとい爆撃編の自分用荒ぶったツイートまとめ。

考察より妄想成分多めです注意。

ソウルの共通点について考えてみた【カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負】

カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負! ハルカンドラ・伝説のアイテム 考察
この記事は、Twitterにて行われた #カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負 のお題のものとなっています。
今回のお題は、「〇〇ソウルの共通点について」。
当然の様に、最新作   星のカービィ ロボボプラネットのネタバレを含みます。

「ソウル」という概念は、2005年発売の「タッチ!カービィ」にてラスボスの形態変化として登場し、以後は 真・格闘王への道及び真・勝ち抜きボスバトルのラストや、エクストラモードのラストにて登場していきます。

ドロシアソウル(タッチ!カービィ)
そして最新作の、星の夢.Soul OS (星のカービィ ロボボプラネット)

昨今のシリーズ(俗に言う熊崎カービィ)における一つの重要なポイント、「ソウル」について、考えていきたいと思います。一時間という制約上、それぞれの解説は省略させて頂きますので、予めご了承ください。

まずはこの点。

欲望を持った魂

例えばドロシア。目的は「全てを絵画に変える」というものでした。以前「自己顕示欲として自分を見てもらいたかったのでは?」という考察をした事もあります(が、あくまでもこちらは考察)
マルクやマホロアには、ポップスターやウチュウの独占欲がありました。(マホロアに関しては20周年のチャレンジステージを見る限りカービィへの独占欲とも捉えられますが)
セクトニアは無論、美を求め続けていました。
星の夢は「カンパニーの繁栄」というネガイを遂行する為に行動していました(が、ソウルとなってからは「カービィの排除」の為だけに動いている可能性もかんがえられます)

以前ドロシアの考察でも語りましたが、それぞれには形がどうあれ、ネガイが存在しています。
そこについて回っているのは、「ソウルが七つの大罪に因んでいる」という俗説。
人によって捉え方は違いますが
ドロシアが嫉妬に、マルクが強欲に、マホロアが憤怒に、セクトニアが色欲に、星の夢が傲慢に 掛かっているという考えがあります。
もしも本当であれば、次のソウルには分かりやすい「怠惰」「暴食」が来るかも知れません。

アイテムが関係している可能性

ストーリーにて落としたとはいえ、ドロシアはずっと魔法の絵筆を所持していました。
マルクはノヴァのパーツを、マホロアはクラウンを、
それぞれ取り込み取り込まれてソウルへと至りました。
セクトニアは従者タランザの献上したディメンションミラーがひとつのきっかけとなって死してなお美を求める執念を持ち、
きせきの実を使ってソウルとなりました。
そして星の夢は…それそのものが、ノヴァの様に強力なチカラをもつ「アイテム」と呼ぶべきモノでした。

 というように、ソウルには何らかのアイテムが関わっています。

特に注目すべきは、マスタークラウンとギャラクティック・ノヴァ及び星の夢。これらはハルカンドラのテクノロジーを用いたものであるという示唆が、クラウンはともかくノヴァはマホロアによってされていました。この先、ハルカンドラの遺産が更なる事態を引き起こす可能性はゼロではありません。

ソウルとならない例

強い「ネガイ」と「チカラ」を持っても、ソウル化しない例があります。

最もたる例は、我らがカービィ。遂に公式で「無限のチカラを持つ(同じチカラの例え方をされた、マスタークラウンと同等の可能性がある)」とロボボプラネット(ポーズ画面・カービィについて)にて名言された程のチカラの持ち主は、(マホロアと違い)そのチカラを使いこなしています。
もしかしたら、それは飲み込んだものの能力(だけ)を発現させる「コピー能力」のお陰では無いのか、と私は考えています。

もう一つの例は、デデデ。
カービィファイターズZラストにて、彼は「カービィを倒す」という目的の為に夢の泉の力を借りました。ハルカンドラでも作られたという夢の泉の力はこの時、悪い方向に働くことはありませんでした。 

メタナイトも一つの例と言えるでしょう。宝剣ギャラクシアを抜く時は、ある時は「カービィとの一騎打ち」、またある時は「自身の修行」。そして今回は「ポップスターの防衛」。後者二つはともかく前者はポップスターへの反逆行為でしたが…

彼ら3人のポイントは、「使う側」と「使われる側」がはっきりしている点だと考えました。チカラはチカラ・道具は道具として利用するもの、という風に。
つまりソウルは、チカラに自我、或いは体が『飲み込まれる』事で発生するのでは無いでしょうか。
そこに本人の意思は無く、目的だけがその体を動かすものだとすれば。
「憎悪と執念に囚われた魂」「死してなお美を求めるも、全てを失い暴走する骸」「カービィを排除する確率を高めるため全てを消し去るマシン」
それらの目的が、ソウルとなった者達の魂の、最期の在り方だったのでしょうか。


ロボボプラネットでのソウルは、これまでとは一線を画す「機械の魂」でした。或いはこれは、ハルトマンとの精神融合が鍵なのかも知れませんが、そうなるとその心を消した時点で、星の夢は「ソウル」ですらないモノとなった、とも考えられます。

Miiverseでの質問回答で、星の夢のソウル化についての一端が少しでも明らかになることを願いつつ、今回の考察をしめさせて頂きます。

参考記事→(スペシャルページ)

ツイッター考察まとめ(ロボプラ関連)

ツイッターまとめ 考察
ツイッターで書き散らした考えたちの纏め。
過去の記事で使用したものも含まれてます。
スマホとPCで見え方が違うため、スマホはツイートが重複してるものもあります、ご了承ください…

古いツイートから。
  1. プレイ前の呟き
  2. 星の夢、及びハルトマン親子関連
  3. ギャラクティックナイト関連
  4. メタゴーR、メタナイト関連

1.プレイ前の呟き

編集してて予言に気付き大爆笑。


2.星の夢、及びハルトマン親子関連

3.ギャラクティックナイト関連

4.メタゴーR、メタナイト関連

ハルトマン社歌を不穏に解釈考察してみた【カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負】

カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負! 考察

カービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負、復活おめでとうございます!!


テスト開催の為、お題はフリー。
と、いう訳で。

作中のハルトマンワークスカンパニー社歌、
銀河に名だたるハルトマン』がどうしても
不穏にしか聞こえない、という思いの丈を
考察を交えつつ、話していこうかと。


当然ながら、この記事では

星のカービィ ロボボプラネットの

致命的なネタバレを含みます。

真かちラスト未視聴の方等は

注意してくださいね。



今回は自分でも「流石にこじつけてるな」って部分まで削らず載せてますので
気楽に1つの可能性、或いはダブルミーニングとして捉えてくださいませ。

まずは歌詞。とりあえず書いてみました。

f:id:kaO10:20160528211803j:image

赤線が最重要項目、
青線が個人的に気になった項目です。

それでは一番から。

『おお 偉大な ハルトマン  永遠に果てなく栄えよ
    おお 偉大な ハルトマン  銀河に名だたる王者よ』
普通にハルトマンを称える内容となっていますね。

気になったのは「銀河に名だたる王者」。
スージーの発言から、この宇宙には他にも会社がある可能性が高いのですが、
「星の夢」の存在により、銀河内での他社を越える「王者」となりうる…
膨張にも聞こえる社歌ですが、あながち間違いは無いのかもしれません。


『星々を 手折り束ねて 全て 捧げてしまえば       皆を 約束の地へと導く 銀河の父よ』

色んな方の話の通り、これは「ノヴァを呼び寄せる手順」を示しているのでしょう。

「手折り束ねる」…手折る(たおる)、というのは花や枝を手で折りとる事を意味するようで、つまり
「星の資源やチカラを摘み取って集め捧げる」
という事になります。
そうなってくるとノヴァを呼ぶ事自体が、星を狩る悪しき行為である可能性も…

それか、星の夢が願いを叶える為のエネルギー充填を指す方が有力でしょうか。どちらにせよ良い行為ではありませんが。

「皆を約束の地へと導く」…これが指すところの意味は、正直よく分かりません。ノヴァの現れる所を意味するならともかく、
約束の地が目標などの概念的な意味を指すならば「銀河の父」はノヴァ、もしくは星の夢という事になってしまいます。



続いて2番。

『おお 輝け ハルトマン  過去に 未来に 現在に     おお 讃えよ ハルトマン  讃え 願えば 叶う』

気になったのは「讃えよ ハルトマン」の部分。

ハルトマンを讃えよ…という意味でしょうが、ラスボスの事を考えてしまい
「ハルトマンよ(星の夢を)讃えよ」
という不穏な解釈がついて回っています。
星の夢を讃え、願えば、叶える為の手順を教えてくれるでしょうから。

『宇宙を舞う 青き翼も  夢歌う 桃色の花も
    心 その身さえ 捧げよ 我らが父へ』
青き翼はメタナイトとローアの、
桃色の花はカービィセクトニアの。
ダブルミーニング説を推しています。
セクトニア(ワールドツリー)との接触はクローンの作成という形で確認出来ていますし、銀河をマタにかけているならローアも視認しているかな、と(憶測にすぎませんが)。
花、というのは作品冒頭等においてカービィが良く蝶に絡まれたり止まられたりするからでしょうか。

そして。「心 その身さえ捧げよ」。
ここでの父は、私はハルトマンを指しては無いと考えています。
そもそもメタナイトの身を改造し、心を捧げさせた(洗脳した)のはマザーコンピューター…もとい星の夢なのです。
ですからカンパニーの大半の社員(=ロボ)にとって「我らが父」は、星の夢と言えるでしょう。


そして(問題の)3番。
『おお 崇めよ ハルトマン 主への絶対の忠誠
    おお 願えよ ハルトマン 黄金の化身を信じて』
ここも、ハルトマンに対して「崇め、願え」と言っているような気がするのです。
そして「主への絶対の忠誠」はイエスマン(ガードロボ)にとってのハルトマンの存在、
或いはハルトマンにとっての星の夢の存在、となるでしょうか。
黄金の化身は「プレジデンバー」か「ノヴァ」になりますが、そもそも「化身」が神仏が実体化したものという意味がありますので、この場合は「ノヴァ」が適しているでしょう。
しかしハルトマンが星の夢を「ノヴァに勝るとも劣らない」と思って(思い込んで)いれば、ここに「星の夢」も当てはまります。ソウルとなってカラーリングがより本物と近しくなりましたし。

『手に入れし 野望儚く 彼方へと 消え行くは記憶
    時を巡る歯車 凝視めて 願うは父よ』
そのまんま過ぎて最早私が考えるまでも無いような。
「カンパニーの発展」というネガイの先にあった筈の「娘に会いたい」という記憶と願いは消え、例え叶っていたとしても、後には虚しさだけが残っていたでしょう。

スージー作詞説をとるならば、時を巡る歯車(順当に考えればノヴァ)に「父」としてのハルトマンを願う…という解釈ができますし、
第三者視点ならば、虚しさを埋める更なる「野望」を求める父…という解釈もできます。


なかなか奥が深いこの曲、
作詞者…熊崎氏による言及が待たれます。


ロボボプラネット プレイ日記EX2+考察

考察 カービィプレイ日記
…この更新をした、という事は


お察しの通り、真・かちぬきボスバトル
クリアしてきました…!!!!
いやぁ最後攻撃喰らいまくって焦りましたがアミーボ無しでクリアできたのは本当に嬉しかったですヽ(*´∀`)ノ


…そんな訳で。
 

星のカービィロボボプラネットの

核心に迫るネタバレが含まれて

います!!!!

真かち未クリアの方、

偶然ここへ辿り着いた方は

ブラウザバックを推奨します!!











…さて、まずメタナイトでゴーリターンズ。
夢デラはやれてないので私は2回目のメタゴーでしたが、正直DXより簡単でしたね。ポイントが溜まりまくりすぐオーバーフロー起こします。
今回はRe:でしたね。EX、DXと来て次はCXかと思ったけどそんな事は無かった。

そして真・かちぬきボスバトル。
以前の真・格闘王への道にあたりますが
回復が小分けになっているのは個人的に凄くありがたかったです。
おかげでクリア時、ストックあり体力満たんで四天王に挑む事ができました。
まぁしいたけにゴッソリ削られましたがね!
ガチシューティング入ってるのが好み過ぎて今回のはトリデラの真格より好きです。


さて。
この2つにはご存じの通り、物語の核心に迫るスペシャルページが存在します。
特に真かちラストね、身震いしましたわ…
とりあえず核心に迫るものだけ率直な感想。


Re:秘書スージー&Re:プレジデント・ハルトマン

切なすぎる親子の壮大なすれ違い。
記憶を消した(あるいは星の夢に否応なしに消されたのかも)ハルトマンは娘の顔も思い出せなくなり
本来の目的のメモリーを失った瞬間手段が目的へとすり替わったんですかね…
少なくとも、星の夢はそこら辺勘違いしてしかも勝手に判断してそう。

スージーちゃんの「活動」が全て徒労に終わったのも個人的にキてます。
ツイッターで考えてたんですが、スージーは星の夢…のデータを奪って、自身を「知識」として社長の傍に置いてもらいたかった、あるいは社長を元に戻す方法を見出したかったのかな、なんて事を考えてます。



以前の、wiiの様なただのゲスト枠であれば、彼の前に現れる2人のように特に取り上げることは無かったでしょう。
・・・やらかしてくれましたねコイツ。星の夢に致命傷を与え、後述のソウルの錠を見事に壊してくれました。
いよいよUSDXでノヴァに言及されていた「その力故、恐れられ封印された」のが悪い意味である可能性が高まってきました。封印する事でしかヤツを抑えられないのもあり、
いやもうホント、ソウル化してるんじゃと。


星の夢.Soul OS

そ う き た か 
というのも新作発表時、私はツイッターにて
(早すぎる)ソウル化考察をしていました。

社長が(魂の器だけ)ソウル化しましたね。あってる所は少ないですが。
・スージーがいなくなり社長が悲しんだ
・社長自体は星の夢製造以来殆ど何もしていない
位ですかね。
だってこんなに悲しい物語とは…
機械が裏を引いていたのは予想外でした。

…にしたって夢さん酷すぎじゃないですかね。
娘に会うためにカンパニーを繁栄させたい、の「娘に会うために」をガン無視。
心の底にあった「辛い思い出を忘れてしまいたい」という意思を読み取ったのか、そもそもカンパニーの繁栄が目的だと勘違いしたのかは分かりませんが…

星の夢.Soul OS(コア)
初戦は時計の時点で負け、2回目の挑戦、コイツに吸い込まれた時、タイムがまだ見えてるのに気付いた時、絶望が私を飲み込みました。
まさか生身でコアと闘うだなんて…

しかしまだ不完全なのか、冷静に戦えば楽勝、そして…

このコアからもハルトマンのメモリーは、消えた。 最後に想うあの心も、消えた。その瞬間から、星の夢は 完全な存在から ただのこわれたマシンとなる。夢も見ない、ゴハンも食べない、そんな相手は 星のカービィの てきでは なかった!
(尚プレイヤーの敵ではある模様)

このコアからも、という事はやはり、ハルトマンのメモリーは最早星の夢にしか無かったのですね。
コアが何で構成されているかで、考察が大きく変わってきそうです。当初私は「ハルトマンの魂の器」かと考えていましたが、
「真かちにおいてハルトマンは搭乗していない説」を見てそれもありか、と。
星の夢の持つ心はあくまでハルトマンの心のバックアップで、その心を消した瞬間命令の実行理由が無くなり最優先だった目的、カービィの排除(←カンパニーの繁栄←娘との再会)だけを実行し続けるモノになってしまった…とかでしょうかね。

他にも娘は絶対に故人と判断してカンパニーの繁栄に必要ないメモリーだと消したとか、色んな説がありますがもうこれは個人のアレとか公式Miiverseの情報待ちとかですね


という訳で。
…今回も謎が深まるロボボプラネット、
ストーリー的には個人的に一番好きになりました。違和感なく大彗星を取り入れるシナリオに感服です。マホロアがハルカンドラ製だと名言したのさえ伏線に思えてきます。
(そうなるとスターロッドもアップを始めそうで怖いですが。)


俺達のロボボ考察はこれからだ!!

ロボプラやばい。(プレイ日記EX)

…タイトルの通りです
今作もちゃんと真・かちぬきボスバトルあったのですが
(格闘王ではなくこちらの表記)
……でちゃいましたね、例のアレ。
シューティングパートで終わりだと油断していた私は
見事にラスト(かは知りませんが)玉砕。

スターシップがあればなぁ………
正直勝てる気がしないので、ツイッター上に流れて来たカービィアミーボ(奥の手)を使ってしまおうかと考えてます…

しかしメタゴーもやばかった。
クローンギャラさんかな?と思ったら
まさかまさかの再登場やら
初めてのお相手さんやらがいて
しかも結局御本人登場という。
そのくせメタゴールートでは万事解決だったのが
真勝では何もかも悪い方へ向かってる気しかしないという悪夢。

…明日用事があるのになぁ。